fc2ブログ

存在感

一か月前の今日、8月26日の夕方、怪我をする約2時間前のミッフィーです。



13092601.jpg



13092602.jpg



13092603.jpg



13092604.jpg



トンネルをいつも置いてた場所から移動して、その前に桃を入れたお皿を置いたら、一目散にトンネルを通ってやって来て嬉しそうに桃を食べました。

でも、その桃は安売りしてたものだったせいか、イマイチだったんです。
今思えば、これがミッフィーが口にした最後の桃。
もっと美味しいものをあげればよかった。。。


この後、あんな事が起こるなんて想像もしてなかったけど、結局今でも、一体あの時ミッフィーに何が起こったのか全く分かりません。
その事が、私にとって、新しい子をお迎えする事への一番大きな障壁となってます。

原因が分からないから、予防も出来ない。
となると、また同じ悲劇が起こるかもしれない。
そんなことを考えてると、またうさぎを飼うということが怖くて前に進めません。

でも、いつか、その恐怖さえも忘れさせてくれるような運命の子と出会う事が出来れば、その時また一歩踏み出せるのかもしれない。
以前、皆様から頂いたコメントでそう思えるようになりました。

ただ、それ以外にも不安があります。
それは、もし新しい子をお迎えしてもミッフィーを愛した程、愛せるかと言う事。
なんだかミッフィーに全身全霊の愛情を注ぎきってしまってもう私の愛情が枯渇してしまった気もするんです。

でも、実際に可愛いうさぎさんをお迎えしたら、やっぱりメロメロになる事でしょう。
そうなると、今度はミッフィーに悪いなぁって思うんです。
難しいですね。

それと、もう一つ大きな問題は、病院をどうするか、です。
今までかかってた病院にするか、また別の病院を探すか。
これは現実的な問題ですから、一番厄介かもしれません。
私の中のわだかまりが消えない限りは今までのところに行くのも躊躇してしまいます。
だからと言って、特に良い病院も今のところ見つかりません。

こんな風に色んな問題をクリアできないまま、少しずつうさぎさんがいない生活に慣れてきています。
確かに生活は出来ます。
でも、ただ生きてるだけって感じがします。
楽しみがないって言うか、温かみがないっていうか、彩りがないっていうか・・・。

何も言わない、ただそこに居るだけだったミッフィーの存在の大きさを改めて実感しています。
ミッフィーに会いたいなぁ。。。



13092605.jpg




高級な桃買ってあげるから、帰っておいで~!!
↓↓↓
バナー1.gif

テーマ : うさぎ
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

そうかぁ。。。もう1ヶ月が経つんだね。速いもんだね。。。
もふもふさん、突然の事で何が有ったのかって、分からない事が有るよ
其れを幾ら考えても分からないものは分からないよ。。。
人間でも動物でもそうだよ。考えて考えて。。。
でも分からない、あたしも有るもの(^^ゞ
病院は出来れば2箇所有ると良いよね。何か有ったらもう一か所と云う具合にね
良い病院は私の地域でもなかなか難しいけど、一応私は決めてるかな。。。

ミッフィーちゃんを全身全霊で愛情を注いだ。でも次の仔は。。。て有るけど
同じ愛情は注げないと想うよ。その仔その仔の個性が有るから。。。
でも、愛情には変わりは無いと想うよ
ただ、次の仔をお迎えするなら、自分の気持ちに整理を付けてからが良いね(^^ゞ

ただ生きてるだけじゃ人生勿体無いな。偉そうなことは云えないけど
今の私は。。。持ってる悩みは違うけど、何となくもふもふさんの気持ちが分かる気がするよ。。。
今迄居てくれたのが居ないのは辛いよね。。。文章が支離滅裂だね私(^^ゞ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

もう、1ヶ月、まだ、1ヶ月、なんですね、もふもふさんにとってはすごく長い1ヶ月だったんだろうなぁ


いつかもふもふさんはまた運命の子に出会うと思う、絶対ミッフィーちゃんが会わせてくれる、ミッフィーちゃんが私の弟妹だからってお世話しなさい!って連れてくると思う、ミッフィーちゃんは、ミッフィーちゃんだよ、ずーっともふもふさんの心の中から消えない、愛兎を亡くされた方のブログ読んでも、新しい我が子かわいくてかわいくてすごく愛してらっしゃることわかる、でも、時々お月さまの我が子に会いたいよ~って涙されてるつぶやきもみますよ、あ、私も何書いてるかわかんなくなっちゃった(。>д<)

病院はねぇ、それ考えると私もすぐにお引っ越ししなきゃならなくなるので( ̄ー ̄)ミッフィーちゃんが掛かってた病院にちょっと抵抗があるのはすごくわかります、でも、私からみれば、一生懸命うさぎさんのこと勉強してくれて、時間外の夜中も対応してくれて、羨ましい( ;∀;)そんな病院うちの近くにはないもん(T_T)そこもいつでも見てくれる病院として1つゲット!で、もうひとつ、高速道路など使うかもしれないけどできれば30分以内で、1時間以内で行けるエキゾチック診てくれる病院探してみては?(って、まだきちんと探せてない私が言う?)


うさ飼いの大先輩にでかい口たたきました(^-^;ごめんよぉ~

愛情は、枯渇しないですよ^^
ミッフィーちゃんに注いだ愛情は、ミッフィーちゃんだけに対して、のもので
新しい子をお迎えすると、その子だけに対しての
別の愛情のカタチが出来上がっていくものなんです。

ミッフィーちゃんに悪いなあ、と思うキモチ、すごくよくわかります。
でもね、今こうして、ミッフィーちゃんにしてあげられなかったこと
こうすればよかったと、後悔していることを
新しくお迎えした子に、してあげることが出来ますよね?
ミッフィーちゃんは、いろいろ教えてくれましたよね?
それに応えることも、必要なのではないでしょうか?

新しい子に、ミッフィーちゃんを重ねてしまうんじゃないか?
心配しなくてもだいじょうぶ^^
一緒に暮らし始めるとわかりますよ^^
全くべつの命なんだなあって。
でもそれでいて、前の子の生まれ変わりなんじゃないかとおもうほど
似ているところもあったりするんですが
そういうところもまた、愛おしいんですよ。

刹那さんがおっしゃるとおり、わからないものは、いくら考えてもわからないですよ。
新しくお迎えする子が、同じ運命をたどるとは限らないですよね。
ただ、寿命がありますから、いつかは何かしらのカタチで
最期を見届けなくてはいけない。
その覚悟は必要ですよね。

獣医に関しては、とにかく行ってみることですね。
わたしもそうしました。
ツメ切り、検便、健康診断 それぞれ別の獣医へ行ってみました。
病気でかかる前に、診ていただき
保定の仕方や、いろいろお話を持ちかけて
知識や経験を探ります。

たまたま、ちいさな獣医なのですが、奥さまがうさぎさん好きで
うさぎさんの勉強をされた獣医が見つかりました。
奥さまもドクターです。
そこをメインにしています。

エキゾを診てくれる獣医は、ちょっと遠くてお高い、
過剰診療気味なのが気になるので、あまり行きたくないのですが
ここを2番手に考えています。

できれば休診や、夜間診療もふまえて、獣医は2ヶ所押さえておくと安心ですね。

なるほど、もふもふさんがクリアしなくてはいけないと思っていることって
こういうことだったんですね~・・・
まあ、あれこれ心配するよりも、お迎えしてしまえば、何とかなってしまうものです^^
いい加減な意味じゃなくてね。
そうやって悩むのも、愛情の深さゆえですよ^^
前にも言いましたよね?
ちいさな命を、本当に幸せにできる、特殊な能力を持つ人は
実はそんなに多くありません。
もふもふさんの、愛情の深さは、特殊能力なんですよ^^
きっと出会いがありますよ。
そういう人のところには、必ず次が訪れるものです。
ミッフィーちゃんが、必ずめぐり合わせてくれますから^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

もうひと月ですか・・・まだ実感ないなぁ・・・

前の子に悪いって思ううちは、まだお迎えの時期ではないのかも。
でも・・・ミッフィーちゃんはミッフィーちゃん。今まで一緒に暮らした年月はかけがえのないものだもの。。。
私も、同時に複数の子を平等に愛する自信はないけど・・・ななと先代は平等。
っていうか、先代が居たからこそななが居るわけだから(^^)
迎えてしまえば、そっちの心配は必ずクリアできると思いますよ。

でも、確かに病院は大きい問題ですよねぇ。
皆さんおっしゃるように1カ所だけじゃなくて探しておくと安心だけど・・・
ウサギに詳しいところはまだ多くないのが悩ましいよね。。。
あまり病院とは縁なく一生送ってくれれば、それが一番なんだけどね~(^^;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

もふもふさん、ご自身を責めないで!
医療の分野でも、まだまだうさぎさんについては解明されてないことだって沢山あります。
数学のように明確に答えがでてこないことだって沢山あります。
答えが出ない事が答えかもしれません・・・。

百戦錬磨のピッチャーだって、打たれることだってあります。それがたとえ逆転サヨナラホームランを打たれてその試合に負けたからといって、全てピッチャーの責任ではないはずです。
その試合の中身やそこに至るまでのプロセス、負けたことによって得られるものだってあります。

縁といものは本当に不思議なもので、自然とお互いが引き寄せられたかのように訪れてくれるものなんじゃないかな・・・。兎に限らず、最愛のペットとお別れされた飼い主さんは沢山おられます。縁あって、新しい子と巡り合ったかたも沢山いらっしゃいます。先代ペットちゃん達はみんな飼い主さんの心の中で生き続けていらっしゃいますよ。

もふもふさんにも必ずご縁は訪れてくれるはず。
それまで、じっくり時をかけて病院の件も
焦らずじっくり考えていけば、意外とふとした時に解決に導く糸口が見えてきたりもしますよ。
それも縁に向けた前触れのように答えがでてくるかもしれませんよ。

何時何処でどうなる・・・こればかりは予測も不可能であれば、原因究明も難しいと思うよ。
特にうさぎは、不可解な行動もするし(ちょっと表現が変ですみません)
何が原因でパニックを起こすか?
真相を究明するのは、本当に難しいです。
それに、個体差もあって、同じ事でもダメな子はダメなんですよね。
平気な子は全然平気だったりするし。
障壁となってるもふもふさんの気持ち、分からなくもないですが、そこは切り替えて考えた方が宜しいかと思います。

例えが違いますが・・・
うっ滞を起こす原因も、ぷりんとちょこっぺでは違います。
同じ音でも感じ方が全く違う2羽なんですよね。

もふもふさんのお気持ち次第で、心の整理がついてから・・・かな。
次の子に注ぐ愛情に変わりは無いですよ^^

なんか、話がズレてました?すみません^^;;

生きているといくつもハードルが
あるものですね。
もふもふさんの心境、よく分かります。

ミッフィーちゃんもきっともふもふさんの
笑顔を見たいし、ずっと元気でいて欲しいと
願って応援してくれてますから
次のうさぎさんをお迎えすることになっても
ミッフィーちゃんは変わらないと思います。
私も前の仔に悪いなと思う気持ちが
ありますが、そう思うと逆によくないそうです。

よい週末をお過ごしください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール
初代女王:ミッフィー(♀)8歳
ミッフィープロフィール写真
プロフィール
2代目女王:めめ(♀)6歳
めめプロフィール写真
プロフィール

もふもふミッフィー

Author:もふもふミッフィー
長崎の片田舎に生息
うさぎ様の下僕
まぁまぁの嵐ファン

うだうだうさぎの極楽日記
シーズン1(2010/06/25~2012/08/17)はこちらへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
アクセスカウンタ
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
カステラ国女王肖像画
オスカル小 即位8周年肖像小 ポスター ミッフィー女王小サイズ ミッフィー小サイズ プラチナデータ
YouTubeも見てね♪
ミッフィー動画
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
頭上り隊
隊員№15
隊員証(小)
頭上り隊
隊員№74
めめ隊員証小
うさこ体操第一
体操